豊富な素材を無料で利用する「画像埋め込み」機能

  メディア

ゲッティイメージズには、ウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディアページなどに素材を非商用目的でシェアできる「画像埋め込み」機能が搭載されています。オンラインのコミュニケーションにビジュアルコンテンツが欠かせなくなっている昨今、この機能を使用すれば、ニュース、スポーツ、芸能、音楽、ファッション、アーカイブ写真、クリエイティブ画像など、ゲッティイメージズの豊富な素材を誰でも簡単に無料で利用できます。

ニュース/スポーツ/芸能/音楽/ファッションの最新写真を個人利用できる「画像埋め込み」機能

「画像埋め込み」機能について、ゲッティイメージズ共同創設者兼会長のジョナサン・クライン(Jonathan Klein)は次のように語っています。「ビジュアルは現在のコミュニケーション手段であり、世界で最も使われている言語です。ブログ、ウェブサイト、ソーシャルメディアなど、媒体が何であれ、誰もが発信者となって、さらにビジュアルを使うようになりました。破壊的イノベーションはゲッティイメージズの基盤です。その弊社が、拡大を続ける膨大な画像コレクションを開放し、無料で合法的にシェアする新たな方法を始めます。これにより、素材のコントリビューターとパートナーへ利益をもたらし、ビジュアルにあふれる豊かな世界を作るという弊社のコアミッションを推進していきます」

埋め込み可能な画像にはクリエイターの情報が掲載され、埋め込まれた画像をクリックすると、ゲッティイメージズのウェブサイト(gettyimages.co.jp)へ移動します。ウェブサイトでは、埋め込みされた画像を別の用途で使うためのライセンスを購入できます。このようにして、クリエイターの権利を尊重しながら、ユーザーへは簡単で合法的な画像の使用方法を提供するのが「画像埋め込み」機能です。

ゲッティイメージズで芸能写真のフォトグラファー/ディレクター/タレントリレーションズ代表を務めるケビン・マズール(Kevin Mazur)は次のように語っています。「生き残るためには適応しなければなりません。正しく画像のシェアを支援する技術を受け入れるようになることは、業界にとってプラスとなるでしょう」

「画像埋め込み」機能は、HTML形式で投稿できる媒体すべてに対応しており、主要なソーシャルメディアサービスで画像をシェアすることが可能です。

【画像を埋め込む方法(商用目的には使用できません)】(1) gettyimages.co.jpで画像を検索します。(2)検索結果ページで使いたい画像へマウスオーバーして、表示される「</>」というアイコンをクリックします。この操作は画像の詳細ページでも可能です。(3)「写真、ビデオ、スライドショーを埋め込む」というウィンドウが開きます。表示されるコードをコピーし、ウェブサイトやブログに貼り付けます。埋め込んだ画像は gettyimages.co.jpから読み込まれますが、埋め込み先のウェブページのコンテンツとして表示されます。埋め込み先のウェブページには、クリエイターの名前と画像コレクションの名前が記載されるほか、gettyimages.co.jp上の画像ページへのリンクが貼られます。リンク先の画像ページでは、埋め込みされた画像を別の用途で使うためのライセンスを購入できます。

埋め込み可能な画像の詳細な利用方法については、利用規約をご覧ください。

559536635, Caiaimage/Tom Merton/Creative RF902479818, Mirko Vitali / EyeEm/Creative RF